厩舎について

厩舎(Stable) は「ペットを預けておくための銀行」のようなものです。世界各地の主要都市には大概「厩舎長(Stable Master)」が配置されており、手持ちペットを預けておけます。厩舎長がどこにいるかは、都市の 衛兵(Guard) に聞けば案内してくれます。

ガードに話しかけると施設の一覧が出ます。
厩舎長(Stable Master) は頭文字が S なのでリストのやや下方に出ます。

リストから Stable Master を選択すると、画面右上のミニマップに位置が表示されます。赤い旗が目的地です。

もしも目的地がミニマップの範囲外だった場合は Mキー を押してマップを出してみましょう。きっと目的地が見つかるはずです。

また、ミニマップの虫眼鏡のマークをクリックすると、ミニマップ上にNPCや主要施設のアイコンを表示できるようになります。Stable Master の項目は Townsfolk の中に格納されています。Stable Master は蹄鉄のマークで表示されます。

とりあえず、道に迷ってしまったらガードに話しかけてみましょう。 初めて行く都市では頼りになります。

厩舎長に話しかけるとこのようなウィンドウが出ます。厩舎には最大でペットを 60匹 まで預けておけます。1ページにつき 10匹 格納されており、画面下の矢印ボタンでページを切り替えられます。使用料は一切かかりません。

ハンターの手持ちのペットワクは最大 5匹 までで、初期Lvではたった 2匹 しか連れ歩けません。Lvが上がると手持ちワクの上限が自動で解放されます。また、手持ちが埋まっていると新しいペットを捕獲できないため、普段使わないペットは厩舎に預けておくと良いかと思います。

また、ビースト マスタリー(Beast Mastery) の《獣の相棒/Animal Companion》は、手持ちスロットから で は な く 厩舎の1ページ目の左上スロットから召喚される事に注意してください。

ココ。

工学(Engineering) で作成可能な消耗品に「インターディメンショナル コンパニオン リポストリ/Interdimensional Companion Repostry」というアイテムがあります。これは使用者の近くの指定位置に厩舎長と同じ効果を持つマシンを召喚するもので、マシンをクリックすると厩舎ウィンドウを開けます。マシンは数分場に残り、後に消失します。新しいペットを捕獲しにいく場合は携帯しておくと便利かもしれません。

直訳すると「次元埋込型仲間貯蔵庫」。

厩舎ではペットを預ける以外にも、バトルペット(ポケモン)の回復・蘇生も行えます。利用するには若干の代金が必要になりますが、苦になるほどのものではありません。バトルペットの回復には厩舎を利用する以外にも、キャラクターのアビリティ《リバイブ バトル ペット/Revive Battle Pet》を使用する、或いは消耗品の「バトル ペット バンデージ/Battle Pet Bandage」を使用するなど、他にもいくつか方法があります。ただ《リバイブ バトル ペット/Revive Battle Pet》はクールタイムが 8分 とかなり長く、「バトル ペット バンデージ/Battle Pet Bandage」は アカウントバウンド(Bintd to Blizzard Battle.net account) 属性がついているため、オークションハウスやトレードなどで他のプレイヤーから購入したりもらったりする事が出来ません。バトルペットの回復が必要な場合は厩舎が利用できる事を覚えておくといいかもしれません。ちなみに上記の「インターディメンショナル コンパニオン リポストリ/Interdimensional Companion Repostry」にはバトルペットの回復機能はついていません。